やきものを焼いています。


豆蔵です

夏期休暇中のゆるんさんにおじゃまして、豆蔵おふたりさま納品してきました^^

手足がマッチの豆蔵は初代豆蔵の復刻版なんですよ~

マッチは擦れないようにコーティングしてあります☆

初代の頃はまだ陶芸教室で講師をしていて、教室名に因んで「ふき蔵」という名前でした。

青空食器店を始めてから名前を変えて復活したわけですが、この豆蔵という名前、ボディが豆っぽいことから付けた名前です。

そして、実はもうひとつ意味があります。

しあわせの豆(実)がなりますようにという………実り。願い叶う、の意味^^

それと、元々は和紙の服を着ていて、和紙の紐で結んでいました。

以前も触れたことがありましたが~「包む・結ぶ」の観念。それを取り入れています。

私の大好きな、日本古来からの考え方。
包む・結ぶは
心を包む・人と人とを結ぶの意味があります。

豆蔵が、包み込むような心の平安をもらたすように、

人と人との架け橋になるように。

そんな願いを込めて作りました。



青空食器店のゆるキャラとして世に送り出した時、青空食器店を背負って羽ばたけと願いを込めました。

そしたら豆蔵、本当に人と人とを結んでくれたんですねぇ。

当時お世話になっていたshopの店主さんを通じて、リビング北九州の新年特大号の表紙のお仕事が舞い込みました。

豆蔵の干支を作って下さーい!と。

それが、青空食器店として初めて作った干支、豆ねずです。

紙面を見てご注文下さったお客様、今でもご贔屓にして下さっています^^

本当に、嬉しいことです!!!!!

それを機会に、豆蔵は本当に、青空食器店を背負ってくれる看板商品となりました。

おかげさまで皆さんに可愛がって頂いて、ふき蔵誕生から来年10歳を迎えます

記念に、豆蔵100ぴき祭りとかしたいなぁ^^

豆蔵はいろんなバージョンがあるから、全員集合したり

と、暑い中楽しい妄想しております

100ぴき…作れるかな(笑)まだまだ妄想の段階ですからね~あしからずっ(≧∇≦)



_ _ _ _ _ _ _ _


ゆるんさんは8月夏期休暇です。


スポンサーサイト
【2013/08/10 22:17】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<うさくま | ホーム | ダウン…>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://aozorashokkiten.blog23.fc2.com/tb.php/374-1ee6f83a
| ホーム |