やきものを焼いています。


陶芸部

大学の後輩がFBで上げてた写真です。

陶芸部の窯場!

昔はもっとこぢんまりとしていましたが、東海地震対策で建て替えられています。

でも、土手や木々は昔のまんま。

よく、1人で夜通しロクロを挽いて警備員さんに叱られたっけ。

小石を埋め込んで焼いてみたり、釉薬どうしを混ぜ合わせて新しい色を作ってみたり。

何の枠にもはまらず、自由にのびのびと実験みたいなことをたくさんやってました。

作風も、水色と白のかわいい系から始まり、黒のかっこいい系、しぶーい王道の茶系、半磁器。
ハマるととことん追求していた学生時代。

めちゃくちゃ古いガス窯だったから、還元焼成では特にマニアックな操作が必要でした。
一時間毎に温度を記録して。
泊まり込んで仲間たちと夜通し騒いで。

懐かしくて、思い出に満ちていて。泣けてきちゃいました^^

最後に行ったのはいつだったかな。

私の根っこは今でもここにあります。

あの頃の純粋な気持ち、思い出しました^^
スポンサーサイト
【2013/09/23 01:44】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<通い中。 | ホーム | ポット>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://aozorashokkiten.blog23.fc2.com/tb.php/383-ae2fa26f
| ホーム |